安心・安全輸送のミートレール車


神戸ミート倶楽部で取り扱う牛肉の輸送には【吊り下げ方式】を採用しています。この輸送方法により、和牛肉にとって最高の品質保持・温度管理が実現し、劣化が防止されます。



枝肉を吊るしたまま運搬できる枝肉懸垂運搬車(ミートレール車)。枝肉を専用フックにかけ庫内天井より、吊り下げ状態にして輸送するため、枝肉自体が床に擦れることなく肉の痛みを防ぎ品質を保持できるのです。枝肉にかぶせている白いカバーはミートラッパーというもので、お肉から出る血液や余分な脂、ドリップを吸収し、お肉を長もちさせる食肉保護用カバーです。ミートラッパーは通気性を保ちながら外からの菌の付着を遅らせます。

一般的な食肉業者の多くは、数量を運搬するため【積み重ね方式】の輸送方法を採用していますが、これでは一頭あたり約400キロもある枝肉(骨付きの肉)の重みで、重なった和牛肉への負担がかかり品質の維持が不可能なのです。

神戸ミート倶楽部では、細心の注意をはらい和牛肉の品質を落とさないために、20tトラックのミートレール車で輸送をしています。
神戸食肉市場で競り落とされた枝肉は、当社所有の20tトラックで自社の加工場まで輸送されます。